健康に良い食べ物

キャベツは胃、大腸、肝臓をデトックスする

投稿日:2018年6月24日 更新日:

キャベツは古代ギリシャ、ローマでは胃腸の調子を整えるために食べられていました。

そして近年キャベツには胃潰瘍を治癒させ、肝臓を解毒することがわかっています

キャベツは戦後の洋食文化と共に急速に食べられるようになりました。

今では様々な料理に使われ、欠かせない野菜のひとつになっています。

スーパーでは、ほぼオールシーズン買える野菜です。

それでは、胃潰瘍に効くキャベツの効能を見てみましょう。

キャベツの効能

キャベツは繊維が含まれているカロリーの低い野菜です。
そして、キャベツは長い間、様々な文化圏で何世紀にも渡りその効能が知られています。

キャベツは抗炎症作用のある野菜のため、骨や大腸の健康に欠かせません。

消化器系の病気を対策するにはキャベツが最適であり、自然療法としてもいくつか証明された健康上の利点があります。

生のキャベツをジュースにして飲むことは、胃や大腸を解毒することが示されています。

また下痢の症状を緩和し、腸の炎症を和らげるのにも役立ちます。

このキャベツのジュースの効能は何度も証明されています。

貧血に苦しむ人には、毎日1~2杯の生キャベツジュースを飲むことをおススメしています。

キャベツは、貧血を改善するのに有益なクロロフィルがあり、血液を構築の働きがあります。

その他にも肝臓のデトックスについてもキャベツは最適です。

キャベツの抗炎症作用は、肝臓中毒からの脱水や頭痛の影響を軽減するのに役立ちます。

キャベツのデトックス効果と利尿作用は、安全に減量を助ける上でも非常に効果的です。

キャベツから効能の恩恵を受けるためにはジュースとして飲むことです。
また蒸して食べるか、生のまま食べてもよいです。

キャベツの食べ方

キャベツは様々な食べ方があります。

・生のまま
・蒸す
・煮もの
・炒め物
・漬物

とんかつ店ではキャベツのせんぎりが、食べ放題で提供されていたり、串カツ店では、油をさっぱりさせるためや、ソースをすくうスプーンの役割があります。

他にも焼きそば、お好み焼き、ロールキャベツ、コールスロー、サラダなどにしてもとても美味しくいただけます。

レシピサイトにも多くのキャベツを使用した料理が掲載されていますので参考にして下さい。

最後に

キャベツには多くの健康効果があります。

まれに冷害、台風、大雪などにより不作になり価格が高騰する場合がありますが、手ごろで身近に買える代表的な野菜です。

消化器系、肝臓、胃などに問題を抱えているようであれば意識して食べてみてはどうですか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-健康に良い食べ物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 × 2 =

関連記事

パパイヤの種子の驚きの健康に良い効果効能

パパイヤはメキシコ南部から西インド諸島を原産とし、16世紀初頭にヨーロッパ人により発見されました。 多くの熱帯地域で栽培されており、日本では沖縄で栽培されています。 パパイヤ生産の上位5か国は、インド …

かぼちゃの種の驚きの6つの効果効能!

かぼちゃには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が多く含まれている健康的な野菜のひとつです。 また冬至にかぼちゃを食べる風習も全国で残っています。 かぼちゃを使った料理を作るとき、かぼ …

パクチーは重金属で知られる水銀などを体内から排出する

2007年にオープンした東京の経堂にあるパクチー専門店「パクチーハウス東京」はパクチーブームの火付け役であることが知られています。 近年パクチーを扱う飲食店が増え、集客の目玉のひとつになっています。 …

オクラは糖尿病、喘息、貧血、視力を治療する

ネバネバしていていかにも健康に良さそうなオクラは、和名ではアメリカネリと言います。 他の呼び名として陸蓮根(おかれんこん)とも呼ばれます。 アジアのいくつかの地域では「レディーズ・フィンガー(婦人の指 …

パイナップルを多く食べる13の理由

パイナップルは、熱帯アメリカ原産であり「パイン」と略して呼ばれることがあります。 また和名では鳳梨(ほうり)と呼ばれます。 一年を通して、スーパーやコンビニなどで購入できるパイナップルですが、いつでも …