2017年の日本人の平均寿命が男女とも過去最高に!女性が87,26歳、男性が81,09歳!世界の男女別の順位は?

スポンサーリンク



厚生労働省の調査で、2017年の日本人の平均寿命が女性が87,26歳、男性が81,09歳、いずれも過去最高を更新しました。

前年に比べて男性0.11歳、女性0.13歳延びました。

また男性は初めて81歳を超えました。

平均寿命とは、0歳の子どもが平均してあと何年生きられるかを示す平均余命のことを指します。

平均寿命の上位5カ国・地域(日本は2017年のデータ)

【女性】

香港       87,66歳

日本       87,26歳

スペイン     85,84歳

韓国       85,4歳

フランス、スイス 85,3歳

【男性】

香港       81,70歳

スイス      81,5歳

日本       81,09歳

ノルウェー    80,91歳

スウェーデン   80,72歳

過去最高の更新は、男性が6年連続、女性が5年連続。厚労省は「がん、心疾患、脳血管疾患の三大死因による死亡率の低下傾向が、平均寿命の延びに貢献している」と分析している。

17年生まれの日本人で75歳まで生きる人の割合は男性75.3%、女性88.1%。90歳まで生きる人の割合は男性25.8%、女性50.2%といずれも過去最高となり、女性の割合は初めて5割を超えた。

平均寿命、男性81歳超える=男女とも過去最高―厚労省より引用

7/20(金) 16:08配信

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


18 + six =