環境問題

ハワイはオキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めを販売禁止にする!

投稿日:

ハワイは2021年からオキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めを販売禁止にしました。

日焼け止めに含まれている成分が、サンゴ礁の白化などの原因になっているためだとしています。

医師の処方によるものは対象外となりますが、観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないようです。

しかし、日焼け止めはサンゴへの影響だけではなく、人体への影響も懸念されています。

日焼け止めに含まれている化学物質は、アレルギー性皮膚炎、癌などの多くの病気に関連します。

米ハワイ州のイゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含んだ日焼け止めの販売や流通を禁じる法案に署名した。

イゲ氏によると、世界初の試み。2021年1月1日に発効する。

イゲ氏は署名後「ハワイの岩礁を守るための小さな一歩にすぎないが、取り組みを続けたい」と述べ、海洋汚染対策に力を入れる考えを示した。

販売禁止となるのは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止め。

サンゴ礁の白化などの原因になっていると一部の研究者が指摘している。法案が5月に議会で可決された。

米メディアによると、2つの成分は「コパトーン」など3500種類以上の製品に含まれており、ハワイのコンビニエンスストアなどで広く販売されているという。

ハワイで日焼け止め販売禁止 サンゴ対策、21年からより引用

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-環境問題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


10 + 7 =

関連記事

スターバックスコーヒーは2020年までにプラスチック製のストローを廃止へ

スターバックスコーヒーは、2020年までにプラスチック製のストローを廃止する計画を発表しました。 全世界で展開する2万8000店舗が対象になり、日本のスターバックスの具体的なスケジュールはこれから検討 …

【外食大手初】ガストは2020年までにプラスチック製ストローを全廃へ!

2020年までに、国内外にあるガスト約3200店でプラスチック製のストローの使用をやめることがわかりました。 東京五輪・パラリンピックを見据え、外国人旅行客に環境問題への取り組みをアピールするようです …

ニュージーランドでレジ袋の使用が禁止に!世界的な海洋汚染に対しての対策

日本国内で使われるレジ袋の枚数を知っていますか? その数は、約300億枚にのぼります。 世界では年間最大で5兆枚のプラスチック製の袋が使用されています。 レジ袋が石油から作られたプラスチック製品という …

タピオカミルクティーが終わる日!台湾でプラ製ストローが禁止に!

台湾でプラスチック製ストローの使用を禁じる規制案が波紋を呼んでいます。 台湾のタピオカが入ったミルクティーを飲むさいに、どうやって飲めばよいのかと反応は様々です。 タピオカミルクティーは専用の太めのス …