病気の原因、予防対策

犬や猫から感染する人獣共通感染症(猫ひっかき傷や新種のブルセラ症)に注意!

投稿日:

犬や猫を飼っている方の多くは、噛まれたり爪でひっかかれることがあります。

ペット側はかわいいから許されるかもしれませんが、その負った傷を甘く見るのはよくないかもしれません。

犬や猫の口の中は細菌が多く存在します。

犬や猫などから人に感染する病気を、「人獣共通感染症」と呼びます。

また猫ひっかき傷と呼ばれるバルトネラ病は、バルトネラ菌を持つノミの吸血によって感染します。

その感染した猫や犬から噛まれたりすることで、腫れや痛みを伴います。

また人獣共通感染症のひとつで知られる新種のブルセラ症で、長野県に住む40代の女性と子供3人が感染したことがわかりました。

感染した動物の乳や乳製品を食べたり、動物と接触することなどで感染する人獣共通感染症で、ヒトからヒトへの感染は非常に珍しく、感染経路の特定が急がれる。

ブルセラ症は殺菌不十分な乳・肉製品を食べたり、ヤギや牛、ブタ、犬などの感染動物との接触が原因だとされるが、今回の女性は営業職のため、動物と日常的に接触する機会はないという。

新種「ブルセラ症」長野県で2例目 母子4人が感染 土着菌が存在か?より引用

 

噛まれたり爪でひっかかれた場合は、すぐに傷口を流水で洗い、消毒してください。

そして整形外科か皮膚科などの医療機関で診てもらうことが大切です。

私も猫に噛まれることは多いですが、異常に皮膚が膨れたときは焦りました。

また、その傷跡はずっと残ることがあるので大変です。

適度な距離感は大切です。

「犬や猫の歯は一般の人が考えている以上に不潔で、さまざまな感染症の温床になっています。

動物に噛まれた傷を咬創と言いますが、小さな咬創であっても傷が深いことが多い。

私の患者さんの中には噛まれた歯が小指の骨まで達して髄膜炎を発症。予後が悪くて指を切断した人もいます」

意外に多い人獣共通感染症 犬猫に噛まれたらどうすべき?より引用

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-病気の原因、予防対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


6 + 7 =

関連記事

糖尿病の原因の14%が大気汚染という米国の研究

糖尿病は食生活や運動不足などの生活習慣が乱れることでリスクが高まります。 アメリカのワシントン州立大学の退役軍人170万人を8年半にわたり追跡した研究によると、糖尿病の14%が大気汚染が原因という調査 …

その口臭はスマホが原因かもしれない!1時間以上の使用でニオイの数値が上がります!

日常生活を送るのに欠かせないのがスマートフォン。 スマートフォンの影響による病気は数多くありますが、その代表的なものがスマホ老眼なのではないでしょうか? 長い間スマホの画面を見ていると、実際に目が疲れ …

【耐性菌の脅威】抗生物質が効かないアシネトバクター菌により鹿児島で院内感染により死亡者も!

鹿児島市にある鹿児島大学病院にて、抗生物質がほとんど効かないアシネトバクター菌などが検出され4人死亡したことがわかりました。 2018年4月までの1年間入院した15名の患者からアシネトバクター菌が検出 …

夫源病はめまい、動悸、うつ病などの体調不良を引き起こす!症状、対策、妻源病とは?

体調不良には様々な原因があるとされていますが、夫が原因で妻が体調不良になるという「夫源病」が問題となっています。 「夫源病」とは文字通り、夫が原因で妻が体調不良を起こしてしまうことです。 夫の何気ない …

自然欠乏症候群とは!その疲労、倦怠感、不眠は自然不足が原因かも?

古くから人は自然と一体となり生活してきました。 太陽や月のリズムに合わせた生活様式は、心身ともにエネルギーを高めてくれます。 しかし、経済成長が著しく発展した現代の都心は、コンクリートの建物に囲まれ緑 …