ニュージーランドでレジ袋の使用が禁止に!世界的な海洋汚染に対しての対策

スポンサーリンク



日本国内で使われるレジ袋の枚数を知っていますか?

その数は、約300億枚にのぼります。

世界では年間最大で5兆枚のプラスチック製の袋が使用されています。

レジ袋が石油から作られたプラスチック製品ということは言うまでもありません。

プラスチック由来のゴミで、海洋汚染の問題が叫ばれており、スターバックスのストローを廃止するニュースはインパクトを与えました。

今度は、ニュージーランドでレジ袋の使用が禁止になるようです。

ニュージーランド(NZ)政府は10日、今後1年かけて使い捨てレジ袋の使用を禁止する方針を発表した。

プラスチックごみによる海洋などへの汚染が世界的に問題となっており、海に囲まれた同国として対策を講じる。

ニュージーランドもレジ袋禁止へ=海洋汚染に危機感より引用

2018年8月10日 15時34分

このように世界の対応は迅速ですが、日本はいつになれば重い腰をあげるのか見ものですね。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × 5 =