健康ニュース

熱中症対策による水の飲み過ぎは水中毒(低ナトリウム血症)を引き起こす!症状、対策は?

投稿日:

熱中症対策のひとつとして、水を多く飲むことが挙げられますが、飲みすぎにより水中毒の危険性が高まります。

人の体が一度に吸収できる水の量は、約200ミリリットルと言われています。

一度にそれ以上の水を飲むと、腎臓の排泄機能が追いつかず、体液が薄まり血液のナトリウム濃度が低下してしまいます。

この状態を水中毒または低ナトリウム血症と呼ばれます。

水中毒の症状は、軽度では頭痛や食欲不振などが起こります。

重症になると、けいれんや昏睡が起こります。最悪な場合は死亡する可能性があります。

熱中症予防には水分補給が欠かせませんが、どうしたらいいのでしょうか。

「水だけを摂取するから低ナトリウム血症になるのです。

ナトリウム(塩分)を含むスポーツドリンクや経口補水液で水分補給をすれば何の問題もありません」(吉田さん)

「熱中症予防に水分補給」といったときの水分とは、水やお茶だけではなく、スポーツドリンクや経口補水液もあわせて摂取することを覚えておいてください。

水の大量摂取は注意 「水中毒」になることもより引用

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-健康ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eighteen + 10 =

関連記事

フランスの小・中学校で2018年9月から携帯電話やスマホの使用が禁止になる

フランスの小・中学校で2018年9月から携帯電話やスマホの使用が禁止されることになりました。 6歳から15歳の生徒が対象になり、スマホ依存を予防する目的があります。 元々、フランスでは授業中や図書館、 …

心臓発作で搬送された女性患者は男性医師が担当すると死亡率が上がるという米研究

心臓発作で搬送された女性患者の死亡率が、女性医師よりも男性医師が担当した場合の方が高いという研究論文が発表されました。 この研究は、1991~2010年にフロリダ州の救急外来に搬送された、急性心筋梗塞 …

ハンドドライヤーは汚く不衛生というアメリカの研究結果!細菌をばらまく負の要素

ショッピングモールや公共のトイレなどにハンドドライヤー(手の乾燥機)を設置している所が増えてきました。 手を洗った後に、そのままハンドドライヤーに手をかざせば、手軽に手を乾かすことができ、利用した方は …

2017年の日本人の平均寿命が男女とも過去最高に!女性が87,26歳、男性が81,09歳!世界の男女別の順位は?

厚生労働省の調査で、2017年の日本人の平均寿命が女性が87,26歳、男性が81,09歳、いずれも過去最高を更新しました。 前年に比べて男性0.11歳、女性0.13歳延びました。 また男性は初めて81 …