XM(XMTrading)の評価や評判を徹底解説します!金融ライセンスは安全?

スポンサーリンク



海外FXを始めようと思っている方にとって、本当にこの会社は安全なのかというのは、一番気になるところかもしれません。

XM(XMTrading)は、海外FXの会社の中では、日本人に人気がありユーザー数は一番です。

そして、数々の賞という賞を総ナメにしていて、様々な方面から評価されています。

それでは、XM(XMTrading)の評価、評判、安全面はどうなのか徹底的に解説していきます。

XMの評価や評判について

海外FXをはじめようと思っていたら、まずXMから始めるのが基本になるほど、XMは海外FX会社の中でも圧倒的に人気を誇っています。

XMが人気の理由

①人気・ユーザー数ともにNo.1
②入金ボーナスや口座開設ボーナスがあるのでノーリスクで始められる
③追証なし、借金するリスクゼロ
④最大レバレッジ888倍で少額からスタートできる
⑤約定スピードが圧倒的に速い
⑥ロイヤリティポイントがもらえる
⑦入金方法の種類が多様
⑧WEBサイトは完全日本語対応

XM(XMTrading)で口座開設する8つのメリットと特徴!初心者でもノーリスクで始められる

2020年6月4日


XMの金融ライセンスについて

XMTradingは、Tradexfin Limitedが運営している海外FXの会社です。

本社はインド洋に浮かぶセーシェル共和国になります。

XMは全世界196ヵ国でFXを展開しています。

そしてXMは、日本人が最も利用している証券会社になります。

XMは2009年から運営を開始しており、2018年には新規口座開設数が100万人突破をしています。

セーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得しています。

その他にも、下記のように世界10カ国以上の金融ライセンスを保有しています。

金融ライセンス
・英国金融行為監視機構(The Financial Conduct Authority)
・キプロス証券取引委員会(Cyprus Securities and Exchange Commission)
・オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission)

賞という賞を総ナメにしている

XMは、数多くの賞を総ナメにしています。

金融サービス業界で最も高い品質を提供する「City of London Wealth Management Awards」において、2019年ベストFXサービス提供会社賞を受賞しています。

その他にも下記の図を参考にしてもらえればわかりますが、多くの賞を受賞しています。

・ベストカスタマーサービス賞
・ベストFXブローカー賞
・ベストFX執行ブローカー賞
・ベスト外国為替サービスプロバイダー賞
・ベスト取引サポート賞

これだけ多くの賞をとっているところはありませんので、信頼性は担保されていると思っていいでしょう。


実は優秀な超巨大企業

XMの資本金を見ると、その資本力に驚かされます。

XMの資本金が3億6000万米ドル(約400億円)になります。

この資本金がどれだけ大きいかは日本のFX会社と比較するとわかります。

会社名 資本金 口座数
XM 400憶円 100万口座
DMM.com証券 98億円 74万口座
GMOクリック証券 43億円 67万口座
外為どっとコム 7億 51万口座
マネーパートナーズ 31億円 34万口座
マネックス証券 122億円 25万口座

※2020年6月調べ

ここまで見てきて、非常に信頼ある会社ということはわかったと思います。

それでは次は、資金管理はどういう形になっているかを見ていきましょう。

信託保全と分別保管について

ライセンスは会社の信用面は、問題ないのですが資金をどう管理しているかで、安心かどうかをある程度理解することができます。

FX会社には「分別管理」という仕組みがあります。

分別管理は分けると2つあり、信託保全と分別保管になります。

信託保全とは

顧客からFX会社に入金された資金は、自社の管理下の置かずに、外部の金融機関に預けることです。

運営資金と顧客の資金が完全に切り離されて管理されるため、万が一会社が倒産しても、資金が戻ってきます。

分別保管とは

分別管理は、基本的には運営資金と顧客の資金を切り離しているので、信託保全と変わらないのですが、FX会社が顧客の資金を管理します。

また、外部機関の監査チェックがないことと、万が一倒産した場合は、資金が差し押さえになってしまうかもしれないというリスクがあります。

XMは分別保管

XMは後者の分別保管の方法で管理しています。

XMが信託保全をしていない理由は、セーシェルの金融ライセンスでは信託保全が義務づけられていないからです。

XMはグループ全体で分別管理しており、保管先はイギリスの4大銀行のひとつであるバークレイズ銀行に預けています。

とは言うものの、万が一倒産してしまった場合は、資金が戻らない可能性は頭に入れといた方がよいかもしれません。

しかし、XMは独自にAIGの保険に加入しており、最大100万ドルの補償を約束しています。

そういう面を考えると、ほとんどリスクはないものと考えることができます。

まとめ

XM(XMTrading)の評価、評判、安全面を見てきました。

会社の資本力、金融ライセンス、資金の保管の仕方などを見たら、日本のFX会社と同様にリスクなく始められると思います。

日本のFX会社はレバレッジが低く、追証もあるため借金を背負うリスクを考えるとXMでトレードするほうをおすすめします。

この記事を読んで、あなたの不安が少しでも解消されたのであれば、XMでトレードに挑戦してみてみてください。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three × 3 =