XMの追加口座の作り方、登録方法を徹底解説!複数口座のメリット、デメリット、注意点とは?

スポンサーリンク



XMは最大8つまで取引口座を作ることができます。

実は国内FX会社は、追加口座がほとんど作れません。

それを考えると、XMで追加口座を作ることは、様々な用途や使い分けをすることができます。

この記事では、追加口座の作り方や登録方法の他に複数口座を作ることでのメリット、デメリット、注意点を解説していきます。

XMで追加口座を作るメリット

XMで追加口座を開設するメリットを以下のポイントの順に見ていきましょう。

追加◚口座のメリット
・口座タイプを使い分けできる
・通貨ペアの使い分けできる
・取引スタイルで使い分ける
・レバレッジの管理ができる
・追加口座に利益分を移動する

①口座タイプを使い分けできる

XMの口座は、「マイクロ口座」、「スタンダード口座」、「ZERO口座」の3種類あります。

それぞれの口座に違いがありますが、一般的には「スタンダード口座」で取引している方が多数です。

口座の選び方としては

FXの超初心者は「マイクロ口座」

初めて開設または経験者は「スタンダード口座」

スプレッドの狭さ(スキャルピング向き)で選ぶのなら「ZERO口座」

このように使い分けすることができます。

②通貨ペアの使い分けできる

MT4やMT5の画面には「USD/JPY」、「EUR/USD」などの多くの通貨ペアが表示されています。

通貨ペアが多く表示されていると、売買注文の際に間違うことがあります。

追加口座を作り、それぞれの口座に対して通貨ペアを決めておけば、売買注文の際のミスを減らすことができます。

③取引スタイルで使い分ける

人のトレード手法は様々です。

スキャルピング、スイングトレード、デイトレード、長期トレードなどトレードと人には相性があります。

例えばトレードの手法をデイトレードからスキャルピングに変えて試したい場合は、同じ口座でやると混乱します。

そのため追加口座を作り手法別に分けておくことで、検証や戦略をじっくり考えることができます。

④レバレッジの管理ができる

XMはレバレッジ888倍のハイレバで取引ができるのが利点です。

しかし、口座に200万円以上ある場合は、レバレッジが200倍に下げられてしまいます。

200万円以上で運用したい場合は、追加口座を作りひとつの口座を200万円以下にすればレバレッジを下げずに運用ができます。

XMはレバレッジが1倍から888倍までの間で16種類選択ができます。

888倍でトレードができるのが、XMのメリットなのでレバレッジを下げる必要はありませんが、口座ごとにレバレッジを変更し管理することもできます。

⑤追加口座に利益分を移動する

単利運用でトレードをしている場合は、利益分を追加口座に移動することで、資金管理ができます。

証拠金と利益分を複利運用していると、急激な相場の変動で全て資金を失うリスクも考えられます。

追加口座に利益分を移動することでリスク回避につながります。

XMで追加口座を作るデメリットと注意点

XMの追加口座は簡単にできます。

ほとんどデメリットはありませんが注意点があるので下記の順番で解説していきます。

追加口座の注意点
・新規口座開設ボーナスは最初に作った口座だけ
・口座間の資金移動はボーナスも移動する
・複数口座での両建ては禁止
・90日間利用しなかった場合は口座維持費

①新規口座開設ボーナスは最初に作った口座だけ

XMの追加口座は8つ作ることができます。

しかし口座開設ボーナス3,000円は最初に作った口座だけにしか付与されません。

また100%入金ボーナスと20%入金ボーナスについても、全口座共通になるため上限を超えて場合は付与されません。

100%入金ボーナスは5万円が上限金額

20%入金ボーナスは45万円(入金額225万円まで)上限金額

XMの豪華すぎるボーナスキャンペーンについては下記を参考にしてください。

XM(XMTrading)の豪華すぎる口座開設ボーナスと入金ボーナスを徹底解説!出金、消滅には要注意

2020年6月10日

②口座間の資金移動はボーナスも移動する

XMは本口座から追加口座、追加口座から本口座というように口座間での資金移動ができます。

資金移動をする際、移動額の割合と同割合のボーナスが移動します。

例えばA口座に5万円+100%入金ボーナス5万円で合計10万円あるとします。

そのうち3万円をB口座に移動します。

3万円は、残高5万円に対して60%
ボーナスも60%の3万円がB口座に移動

A口座:2万円+ボーナス2万円 有効証拠金4万円

B口座:3万円+ボーナス3万円 有効証拠金6万円

このように口座間の資金移動については、移動額の割合に応じてボーナスも移動されます。

③複数口座での両建ては禁止

XMでは同一口座での両建ての制限はありませんが、複数口座での両建て取引は禁止されています。

両建とは、同一通貨ペアに対して売りと買いのポジションを同時に持つことです。

両建てを行った場合は、ルール違反になるので口座凍結などになる場合があります。

くれぐれもルールを守って運用してください。

④90日間利用しなかった場合は口座維持費

口座休眠、口座凍結になるまでの流れになります。

90日間全く使用していない口座は、休眠口座となり毎月5ドルの口座維持手数料がかかります。

90日間、取引を何もしないと休眠口座になります


休眠になると、口座維持手数料として毎月5ドル引かれます。


口座手数料が毎月かかり、そのうち口座残高がゼロになります。


口座残高がゼロになってから90日間、何もしなかった場合に口座は凍結されます。

口座凍結、口座休眠になる理由と対処方法の詳細については下記を参考にしてください。

XM(XMTrading)で口座凍結、口座休眠になる理由と対処方法を解説!

2020年6月11日

XMの追加口座の作り方、登録方法

まずはトップページから「会員ログイン」をクリックします。

すぐ下に「追加口座を開設する」という項目がありますのでクリックしてください。

下記の画面が出てきますので、各項目を入力していきます。

 

・取引プラットフォームタイプ(選択式)

MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD)

MT5(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD)

※MT4とMT5の選択について

自動売買を検討している場合はMT4、裁量トレードを検討している場合はMT5

・口座タイプ(選択式)

スタンダード(1lot=100,000)
マイクロ(1lot=1,000)
XM Zero(1lot=100,000)

・口座の基本通貨:JPY
・レバレッジ:1:888
・口座ボーナス:はい、ボーナスの受け取りを希望します。

・パスワード

口座パスワード 欄には、小文字、大文字、数字の3種類の文字を含め入力する必要があります。

パスワードは必ずメモしてください。

確認にチェックを入れ、「リアル口座開設」をクリック。

以上で追加口座開設が完了しました。

まとめ

XMの追加口座の作り方や登録方法と複数口座を作ることでのメリット、デメリット、注意点を見てきました。

XMは最大8つまで口座を持つことができます。

追加口座を上手に使い分けして、トレードに役立ててください。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


four + three =