Titan FX (タイタンFX)の口座開設に必要な本人確認書類は?Shufti Proの登録方法は?

スポンサーリンク



Titan FX (タイタンFX)の口座開設後に行うのが本人確認書類と住所確認書類の提出です。

これらの確認書類を提出し、承認されることで入金ページが利用できるようになります。

またTitan FXの本人確認書類の提出方法は、ShuftiProを使用します。

まだ口座開設をしていない方は、先に下記をお読み下さい。

Titan FX (タイタンFX)の口座開設方法!登録手順や流れを完全解説【画像付き】!

2020年7月12日

それでは、Titan FXの口座開設に必要な本人確認書類からShufti Proの登録方法を見ていきましょう。

Titan FXの口座開設に必要な本人確認書類は?ShuftiProの登録方法は?

まず下記の確認書類が必要になります。

☑本人確認書類
・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード

☑住所確認書類
・住民票
・公共料金の請求書(ガス、電気、水道)
・銀行、カードに利用明細書

☑セルフィー

Titan FXは必要書類を提出するまでは、4ステップあります。

下記の順番に開設していきます。

必要書類提出までの4ステップ
・お客様情報の入力
・身分証明書の確認
・住所の確認
・取引口座の開設

クライアントキャビネットへのログイン

口座開設が終わったら、メールアドレスとパスワードを入力しクライアントキャビネットへのログインしてください。

クライアントキャビネットにアクセスすると、「Titan Fxでの口座開設を始めましょう」と表示されます。

「ご本人確認を開始する」をクリックして次のステップへ進みましょう。

①お客様情報の入力【セキュリティ情報と設定】

セキュリティ情報と設定を入力していきます。

【秘密の質問と質問の答え】

・秘密の質問
・秘密の質問の答え

秘密の質問を設定することで、ログイン情報を紛失した時に、本人確認に使用しログインできるようになります。

必ずメモするようにしてください。

【雇用業種と雇用形態】

・雇用業種
・雇用形態

【今後の投資計画】

・投資額
・投資期間

②身分証明書の確認

下記の3つの本人確認書のいずれかを入力していきます。

・パスポート
・運転免許書
・マイナンバーカード

見本画像は運転免許書になります。

発行国:日本
姓(苗字)

パスポートの場合:旅券番号
運転免許書の場合:運転免許書番号
マイナンバーカード:個人番号

有効期限:日、月、年

ShuftiProで本人確認書類を撮影する

ShuftiProでチェックマークを入れ、「同意する」をクリックします。

するとShuftiProに自動的に移動するので、本人確認書類の写真を撮ります。

下記の画像は運転免許書の場合

続いてセルフィーを撮っていきます。

セルフィーが終わったら「顔認証」になります。

「続ける」をクリックすると下記の画像になります。

顔認証が終わったら次の項目の「住所の確認」になります。

③住所の確認

現住所が記載された書類の画像をアップロードしていきます。

提出する書類は下記になります。

・住民票
・公共料金の請求書(ガス、電気、水道、都道府県および市町村名を含むもの)
・銀行、カードに利用明細書

提出する書類は、3ヵ月以内の発行になります。また発行日が記載されているものになります。

④取引口座の開設

以上で必要書類の提出は完了になります。

承認手続きまで1営業日かかります。

本人確認の承認が完了し次第、メールに連絡がきます。

メールが来たら、無事に承認されたことになり、入金ページが利用できるようになります。

お疲れ様でした。

まとめ

Titan FXの口座開設に必要な書類を見てきました。

Titan FXは、Shufti Proで本人確認を行います。

私もこのShuftiProは初めて使ったせいもあるかもしれませんが、結構手こずってしまいスムーズに行きませんでした。

また、住所確認書類の提出の際も、アップロードがうまくいきませんでした。

結局原因は画像の容量が大きかったためだったのですが、サポートに確認すると迅速かつ丁寧に対応してくれたのでとても助かりました。

この一連の流れを解説しているサイトがあまりなく、参考にできなかったので今回このように記事にしました。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 × 5 =