iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジの一覧から設定、制限、変更方法の確認について

スポンサーリンク



iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジについて詳細をまとめました。

iFOREXのレバレッジの一覧、レバレッジ制限、レバレッジの設定、レバレッジの変更など、どこよりも詳しく解説しています。

iFOREX(アイフォレックス)の評判、評価、特徴を徹底解説!口座開設するメリット、デメリットは

2020年7月17日

iFOREXは最大レバレッジ400倍

iFOREXは最大レバレッジ400倍になります。

口座タイプが一つしかないので400倍の固定の設定になります。

ただし、一部の通貨ペアについては、レバレッジが低く設定されています。

また、週末などには取引時間外にはレバレッジが低く設定されますので注意が必要です。

土日にはレバレッジが半分になる

iFOREXは、土日になるとレバレッジが半分になるという特殊なルールがあります。

これは時間外に起きる暴落リスクの軽減のためです。

レバレッジが半分になるということは、トレードで使用する必要証拠金が2倍になります。

つまり、ロスカットにもなりやすくなるため、スキャルピングなどでトレードしている方は、土日にポジション持ち越さないようにするなど考えてトレードをしてください。

マイナー通貨のレバレッジ制限一覧

マイナー通貨ペアはリスクが高くなる分、レバレッジも低く設定されています。

以下はマイナー通貨ペアのレバレッジ制限の一覧表になります。

通貨ペア  最大レバレッジ
主要通貨 400倍
米ドル/トルコリラ 200倍
米ドル/インドルピー 50倍
米ドル/ロシアルーブル 50倍
米ドル/チリペソ 50倍
米ドル/中国人民元 20倍
ユーロ/トルコリラ  200倍
ユーロ/ロシアルーブル 50倍
ユーロ/インドルピー 25倍
ユーロ/オフショア人民元 20倍
ポンド/トルコリラ 200倍
スイス/トルコリラ  200倍
トルコリラ/円 200倍
トルコリラ/Hフォリント 200倍

CFD銘柄のレバレッジは10倍〜200倍

iFOREXは異なる市場の様々なCFDが取引することができます。

しかしFX通貨ペアのレバレッジ400倍とは異なり、レバレッジは低めに設定されています。

CFD銘柄のレバレッジは以下を参考にしてください。

・商品CFD   50倍〜200倍
・指数CFD   25倍〜200倍
・ETF CFD  10倍〜40倍
・株式CFD   20倍
・仮想通貨CFD 10倍

iFOREXのレバレッジの確認方法

まずiFOREXのマイアカウントにログインします。

ログイン後に、取引画面からレバレッジを知りたい通貨ペアを選択します。

ここでは例として、「米ドル/円」を選んでクリックします。

その後に注文ウィンドウが表示されますので「ツール」をクリックします。

「商品情報」をクリックします。

すると「最大レバレッジ」が記載されていますので、ここで確認ができます。

最大レバレッジは記載されていますが、時間外のレバレッジは記載されていません。

レバレッジの計算方法は以下の通りになります。

1/通常必要証拠金(%)=レバレッジ

必要証拠金維持率 0.25% 400倍

時間外必要証拠金 0.5% 200倍

つまり、時間外のレバレッジは200倍ということがわかります。

iFOREXのレバレッジは変更できない

iFOREXは、通貨ペアによってそれぞれレバレッジが違いますが、レバレッジを変更することはできません。

400倍あるレバレッジを下げて取引する必要はないと考えていますので、特に問題はないです。

iFOREXはレバレッジ制限はなし

他の海外FX会社は、入金する証拠金に額によりレバレッジ制限をかけるところが多いです。

例えばXMでは証拠金が200万円以上になるとレバレッジが888倍から200倍になってしまいます。

iFOREXは、証拠金がいくらであろうと、レバレッジ制限はかかりません。

まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジについて見てきました。

・iFOREXの最大レバレッジは400倍
・マイナー通貨のペアはレバレッジが低く設定
・CFD銘柄のレバレッジは10倍〜200倍
・土日はレバレッジが半分になる
・証拠金の残高によるレバレッジ制限や規制はない

上記がiFOREXのレバレッジの特徴になります。

良し悪しはありますが、このレバレッジを上手にトレードに活かしてください。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


six + 14 =