TradersTrust(TTCM)の口座開設方法!登録方法を完全解説【画像付き】

スポンサーリンク



TradersTrust(TTCM)は、2009年に設立された中堅の海外FX会社になります。

TradersTrustは下記のような強みを持っており、あなたが中級者か上級者であればぜひ開設しておきたい海外FX会社になります。

①スプレッドが極狭
②平均100ミリ秒で約定
③TradersTrustのライセンス
④最大レバレッジ500倍
⑤ゼロカットで追証なし
⑥入出金手数料無料
⑦安心の日本語サポート
⑧無料VPSの利用が可能
?VIPキャッシュバック報酬
⑩口座開設ボーナス

TradersTrustについての詳細は下記を参考にして下さい。

TradersTrust(TTCM)の評判、評価を徹底解説!口座開設するメリット、デメリット

2020年9月9日

TradersTrustの口座開設の方法はこの記事を読みながら進めて頂ければ、難しいことは特にありません。

それでは、TradersTrustの口座開設方法を見ていきましょう。

TradersTrust(TTCM)の口座開設方法を完全解説【画像付き】

それでは、TradersTrustの口座開設方法を解説していきます。

TradersTrust公式ページから「ライブ口座を開設」をクリックしてください。

クリックすると注意事項が出てきます。

口座開設を希望であれば『次へ』をクリックし次へ進んでください。

個人入力の画面に切り替わります。

・口座:個人or法人
・お名前:(例)Taro
・苗字:(例)Yamada
・メールアドレス:〇〇@gmail.com
・居住国:JAPAN
・電話:+81 9012345678

登録したメールアドレスの方に、メール承認の内容のメールが届きます。

次に「メール承認」をクリックしてください。

マイページに画面が切り替わり、パスワードの設定画面になります。

8文字以上のパスワードを設定してください。

続いて「個人情報」に入力になります。

【個人情報】

・「Mr」「Miss」「Mrs」から選択
・お名前:(例)Taro
・苗字:(例)Yamada
・生年月日
・最終学歴
・証拠金取引には…:選択式
・お客様は、政府高官…:選択式
・お客様は、破産申請…:選択式

【連絡先情報】

・居住国:JAPAN
・都市:Tokyo
・郵便番号:(例)1060047(郵便番号をハイフン無しで入力)
・住所:(例)Minato-ku Minamiazabu 1-10-25
・追加の住所:任意
・電話番号:(例)+819012345678(国番号+最初のゼロを外して入力)

【雇用状況】

下記の当てはまる項目を選択してください。

・雇用状況:選択式

・業種:選択式

・職種:選択式

・年収:選択式

・総資産:選択式

・投資するための総資金:選択式

・資金の収入源:選択式

【取引経験】

下記の当てはまる項目を選択してください。

・外国為替証拠金取引の経験年数:選択式

・指数商品取引の経験年数:選択式

・株式取引の経験年数:選択式

・商品先物取引の経験年数:選択式:

・口座開設の理由をご教示ください:選択式

・どのくらいの頻度で取引されますか?:選択式

【同意書】

下記の項目にチェックを入れていきましょう。

FATCA規定に基づきアメリカにて申告義務があるかどうかの確認をします。

該当する方にチェックをいれてください。

【運用口座】

続いてウォレット口座と運用口座の作成をしていきます。

・ウォレット口座の通貨:(例)JPY

・タイプ:(例)Live

・口座タイプ:(例)「Classic口座 」「PRO口座」「VIP口座」から選択

・口座通貨:(例)USD、JPY、EURから選択

・レバレッジ:(例)30倍、50倍、100倍、200倍、500倍から選択

口座タイプの詳細は下記を参考にしてください。

TradersTrust(TTCM)の3種類の口座タイプを解説!クラシック口座・プロ口座・VIP口座の違い

2020年9月19日

【身分証明・個人情報証明】

身分証明・個人情報証明と住所証明をアップロードしていきます。

身分証明・個人情報証明

・免許書
・パスポート

住所証明

・光熱費明細(ガス/水道/電気)
・銀行明細・カード明細
・住民票等

※発行日より6か月以内のもの

以上で口座開設が完了します。

承認処理が完了するまで1営業日程度かかります。

承認完了次第、あなたのメールアドレス宛に「お客様の取引口座ログイン情報」というタイトルでメールががきます。


まとめ

TradersTrust(TTCM)の口座開設方法を見てきました。

あなたが200万円の余剰資金があり、中級者か上級者であれば利用してみる価値はおおいにあります。

またVIP口座は最低入金額が200万円以上とハードルが高い代わりにNDD方式採用でスプレッドが非常に狭くなっています。

そのため、スキャルピングなどの短期トレードを主としている方は、TradersTrustで口座開設することを検討してください。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


two + 4 =