Tradeview(トレードビュー)のスプレッド一覧と比較を徹底解説!

スポンサーリンク



Tradeview(トレードビュー)のECN口座は海外FX会社の中でも、最狭スプレッドになっています。

ILC口座はECNタイプになるため、取引手数料往復5ドル(0.5pips)がかかります。

その他にも注意点などもありますので、よく確認してください。

それでは、Tradeviewのスプレッドについて見ていきましょう。

Tradeview(トレードビュー)の評判、評価を徹底解説!口座開設するメリット、デメリット

2020年8月14日

Tradeview(トレードビュー)の5種類の口座タイプ

Tradeviewの口座タイプは5種類あります。

【スタンダード口座】
・X Leverage口座

【ECN口座】
・ILC口座
・MT5口座
・cTrader口座
・Viking口座

口座タイプ Xレバレッジ口座
(スタンダード口座)
ILC・MT5・cTrader・Viking
(低スプレッド口座)
取引方式 STP ECN
レバレッジ最大 400倍 ILC口座:200倍
MT5口座:100倍
cTrader口座:400倍
Viking口座:400倍
平均スプレッド MT4 全通貨平均1.9pips MT4:全通貨平均0.2pips
cTrader:全通貨平均0.2pips
Currenex:全通貨平均0.3pips
取引手数料 なし 0.5pips(5ドル)往復
最低入金額 100ドル(約10,000円) 1,000ドル(約100,000円)
ロスカット水準 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率100%以下
取引プラットフォーム MT4 ILC口座:MT4
MT5口座:MT5
cTrader口座:cTrader
Viking口座:Currenex

Tradeviewの口座タイプの詳細については下記を参考にしてください。

Tradeview(トレードビュー)の5種類の口座タイプを徹底解説!

2020年8月23日

Tradeviewのスタンダード口座とILC口座のスプレッド

Tradeviewのスタンダード口座とILC口座のスプレッドの比較になります。

ILC口座は、ECN口座になるためスプレッドが狭いかわりに、取引手数料往復5ドル(0.5pips)がかかります。

通貨ペア  スタンダード口座  ILC口座
取引手数料 無料 (往復0.5ドル/lot)
USD/JPY 1.8pips 0.6pips(0.1pips)
EUR/USD 1.7pips 0.7pips(0.2pips)
EUR/JPY 1.9pips 0.8pips(0.3pips)
GBP/JPY 2.3pips 1.0pips(0.5pips)
AUD/JPY 1.7pips 1.0pips(0.5pips)

見て頂くとわかりますが、TradeviewのILC口座は非常にスプレッドが狭く設定されています。

取引手数料の他社との比較

ILC口座は、ECNタイプになるため、取引手数料往復5ドル(0.5pips)がかかります。

しかし、取引手数料が往復0.5pipsというのは、海外FX会社の中でも最も安いです。

海外FX会社 取引手数料
Tradeview 5.0ドル(0.5pips)
AXIORY 6.0ドル(0.6pips)
XM 7.0ドル(0.7pips)
TitanFX 7.0ドル(0.7pips)
LAND-FX 10.0ドル(1.0pips)

Tradeviewのスタンダード口座と他社比較

通貨ペア Tradeviewスタンダード口座 TitanFXスタンダード口座 Axioryスタンダード口座 XMスタンダード口座
USD/JPY 1.8pips 1.33pips  1.5pips 1.6pips
EUR/JPY 1.9pips 1.74pips  1.7pips 2.6pips
GBP/JPY 2.3pips 2.45pips  2.7pips 3.5pips
EUR/USD 1.7pips 1.2pips  1.3pips 1.6pips
AUD/USD 1.9pips 1.52pips  2.1pips 3.0pips

Tradeviewのスタンダード口座と他社との比較をしていますが、通貨ペアによって狭い狭くないのがでてきますね。

TradeviewのECN口座と他社比較

通貨ペア Tradeview ECN口座 TitanFXブレード口座 Axioryナノスプレッド口座   XMゼロ口座
取引手数料 往復0.5pips/lot 往復0.7pips/lot 往復0.6pips/lot 往復1.0pips/lot
USD/JPY 0.6pips(0.1pips) 1.03pips(0.33pips) 1.00pips(0.40pips) 1.10pips(0.10pips)
EUR/JPY 0.8pips(0.3pips) 1.44pips(0.74pips) 1.30pips(0.70pips) 1.60pips(0.60pips)
EUR/USD 0.7pips(0.2pips) 0.90pips(0.20pips) 1.00pips(0.40pips) 1.10pips(0.10pips)
GBP/JPY 1.0pips(0.5pips) 2.15pips(1.45pips) 2.30pips(1.70pips) 2.10pips(1.10pips)
AUD/USD 0.7pips(0.2pips) 1.22pips(0.52pips) 1.20pips(0.60pips) 1.40pips(0.80pips)

TradeviewのILC(ECN)口座のスプレッドは、他社と比べても一番狭くなっていると言えるでしょう。

しかし、注意点がありILC口座のレバレッジが200倍と他社と比べると低くロスカットも100%になっています。

また最低入金額が10万円とややハードルが高くなっている点があげられます。

まとめ

Tradeviewのスプレッドは、海外FX会社の中でも非常に狭くなっています。

特に、ILC口座は業界最狭になっています。

しかし、注意点として

・レバレッジ200倍
・ロスカット100%
・最低入金額10万円から

これらの条件を強みに変えることができたら、ぜひ使いたい海外FX会社になります。

ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 × 5 =