HotForex(ホットフォレックス)のロスカットルールを読み解く

HotForex(ホットフォレックス)のロスカットルールを知ることは取引きをするうえで大切です。

それは、ロスカットは相場からの退場を意味するからです。

ロスカットルールを理解することで、急激な相場変動時においても落ち着いて考えることができるようになります。

この記事を読むことでHotForexのロスカットルールやマージンコールがより深くわかるようになります。

それでは、HotForexのロスカットルールについて見ていきましょう。

HotForex(ホットフォレックス)の評判、評価を徹底解説!口座開設するメリット、デメリット

2020年7月26日

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

HotForexのロスカットとマージンコール

HotForexのマージンコールとロスカット

・マージンコール:マイクロ口座は証拠金維持率40%
        他の口座タイプは証拠金維持率50%

・ロスカット:マイクロ口座は証拠金維持率10%
       他の口座タイプは証拠金維持率20%

HotForexのマージンコールは証拠金維持率が40%~50%を下回ると発生します。

口座タイプによりマージンコールの数字が異なります。

マイクロ口座:40%
他の口座タイプ:50%

マージンコールとは、ロスカットに近づいていますよというお知らせのことです。

HotForexのロスカットは、証拠金維持率が10%~20%を下回るとロスカットが発生します。

こちらも口座タイプによりロスカットの数字が異なります。

マイクロ口座:10%
他の口座タイプ:20%

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

HotForexのロスカットと他社比較

海外FX会社 ロスカット水準 マージンコール
HotForexマイクロ口座 10% 40%
HotForex他の口座タイプ 20% 50%
GEMFOREX 20% 50%
XM 20% 50%
TitanFX 20% 90%
AXIORY 20% 50%
LAND-FX 30% 50%
FBS 20% 40%
iForex 0% 0.25%

マイクロ口座のロスカット10%という数字が、他の海外FX会社と比較してもかなり低い数値に設定されています。

また、マイクロ口座はレバレッジ1,000倍になるため、一度に使う証拠金が少なくなるため、同じ量の取引をしたとしても証拠金維持率は高くなるというメリットがあります。そのため、取引もかなりギリギリまで粘ることができます。

ロスカットされたら追証は発生する?

HotForexはゼロカットシステムを採用しています。

そのためロスカットになり口座残高がマイナスになってもゼロにリセットされます。

またゼロカットは数時間後に自動でリセットされるため、サポートに連絡する必要がありません。

HotForexのゼロカットについての詳しい記事は下記を参考にしてください。

HotForex(ホットフォレックス)はゼロカットで追証ありません!施行の流れを解説

2020年11月5日

まとめ

HotForex(ホットフォレックス)のロスカットルールを見てきました。

【マージンコール】

・マイクロ口座:40%
・他の口座タイプ:50%

【ロスカット】

・マイクロ口座:10%
・他の口座タイプ:20%

HotForex(ホットフォレックス)は2010年から運営を開始しており、海外FXトレーダーからの口コミの評価が高く、口座開設者数も50万人を超えています。

そして最大レバレッジ1000倍、100%入金ボーナス、信頼性の高い金融ライセンスの保持などで日本人の口座開設数が増えています。

ぜひ、HotForexで口座開設をしトレードを楽しんでください。

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

スポンサードリンク







海外FX会社おすすめ人気ランキング!

海外FX会社おすすめ人気ランキング!


海外FX会社ランキング

海外FX会社は本当にたくさんあり、どの会社を選択するかでトレードや利益も変わってきます。

それぞれの会社には独自の特徴があり、強みと弱みを把握して口座を開設しなければいけません。

今回ご紹介する海外FX会社は、様々な角度から検証してランキングにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


twenty − 5 =