HotForex(ホットフォレックス)はゼロカットで追証ありません!施行の流れを解説

HotForex(ホットフォレックス)は、ゼロカットシステムを採用しているため追証はありません。

最大レバレッジが1,000倍あり、ロスカット水準が10%とかなり低く設定されているため、うまく取引することができたら安全に運用することができます。

しかし、ロスカットや追証について理解しておかなければ、いざという時に慌ててしまうことにもなりかねません。この記事を読むことで、ロスカットや追証についての知識が深まります。

それではHotForexのゼロカットと追証について。そしてゼロカットまでの流れについて詳しく解説していきます。

HotForex(ホットフォレックス)の評判、評価を徹底解説!口座開設するメリット、デメリット

2020年7月26日

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

HotForexのゼロカットと追証について

HotForexは、ゼロカットシステムを採用しているため追証はありません。

ゼロカットとは、口座残高がマイナスになった場合ゼロにリセットしてくれるシステムのことです。

そのため、追証を支払う必要がありません。あくまでも、入金額の損失に限られています。

一方、国内FX会社というのは口座残高がマイナスになった場合は、追証を支払う必要があります。国内FX会社は、金融庁の規制によりゼロカットが禁止にされているという背景があります。

万が一、ものすごい相場に当ってしまった場合を考えると、国内でFXすることが非常に怖く感じますよね。

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

ゼロカットされるまでの流れを解説

それでは、HotForexのゼロカットされるまでの流れを解説していきます。

①マージンコール
②ロスカット
③ゼロカット

ゼロカットは上記のような順序で進んで行きます。

①マージンコール

HotForexのマージンコールは証拠金維持率が一定の数字を下回ると発生します。

口座の種類によりマージンコールの数字が異なります。

マイクロ口座:40%
他の口座タイプ:50%

マージンコールとは、ロスカットが近いですよとお知らせしてくれる警告のようなものです。

②ロスカット

HotForexは、証拠金維持率が一定の数字を下回るとロスカットが発生します。

こちらも口座の種類によりロスカットの数字が異なります。

マイクロ口座:10%
他の口座タイプ:20%

HotForexのマイクロ口座のロスカットは、他社と比較しても低く設定されているためギリギリまで取引を粘ることができます。

HotForex(ホットフォレックス)のロスカットルールを読み解く

2020年11月6日

③ゼロカット

もしロスカットされ口座残高がマイナスになってもゼロにリセットされるので安心してください。

HotForexのゼロカットは特にサポートに問い合わせる必要はありません。数時間後に自動でリセットされるようになっています。

万が一、1日経過してもゼロカットされていない場合はサポートに連絡してください。

注意点として全てのポジションが決済されていない状況では、ゼロカットされませんのでお気をつけください。

まとめ

HotForexのゼロカットや施行までの流れを解説してきました。

おさらいとして。

【マージンコール】

・マイクロ口座:40%
・他の口座タイプ:50%

【ロスカット】

・マイクロ口座:10%
・他の口座タイプ:20%

このように口座タイプにより、数字が異なりますので注意してください。

ゼロカットされない取引を心掛けたいですね。

\最大レバレッジ1000倍×豪華ボーナス最大50万円/

スポンサードリンク







海外FX会社おすすめ人気ランキング!

海外FX会社おすすめ人気ランキング!


海外FX会社ランキング

海外FX会社は本当にたくさんあり、どの会社を選択するかでトレードや利益も変わってきます。

それぞれの会社には独自の特徴があり、強みと弱みを把握して口座を開設しなければいけません。

今回ご紹介する海外FX会社は、様々な角度から検証してランキングにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


9 − four =