TitanFX(タイタンFX)には入金ボーナスキャンペーンはあるの?

タイタンFX表紙

TitanFX(タイタンFX)は、入金ボーナスや口座開設ボーナスのキャンペーンをやっているのでしょうか。

海外FX会社の魅力と言えば豪華なボーナスキャンペーンが挙げられます。

入金額に対してボーナスが付与されれば有利にトレードを進めることができますよね。

この記事では、TitanFXのボーナスキャンペーンについて詳しく解説していきます。

Titan FX (タイタンFX)の評判、評価、特徴を徹底解説!口座開設するメリット、デメリットは

2020年7月11日

\ 業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ〜)/

TitanFXのボーナスキャンペーンについて

タイタンFXボーナス

結論から言うと、TitanFX(タイタンFX)は入金ボーナス・口座開設ボーナスなどのボーナスキャンペーンは行っていません。

ボーナスキャンペーンを利用することで、全体の証拠金が増えるためトレードがしやすくなります。

ボーナスがあれば入金額が少なくても利益を上げられる可能性が高まります。

例えば、10万円入金してボーナスが2倍であれば20万円分の取引が可能です。

しかしボーナスがなければ、10万円でトレードをしなければいけません。

一般的に考えればボーナスがないと不利に思われがちですが、なぜTitanFXはボーナスキャンペーンを実施していないか答えることができますか?

その理由がわかれば、ボーナスキャンペーンはなくても充分なことがわかるかもしれません。

それでは、その理由を説明していきます。

\ 業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ〜)/

TitanFXがボーナスを実施していない理由

TitanFXはなぜボーナスキャンペーンを実施してないのでしょうか。

それは、TitanFXの公式サイトを見るとわかります。

Titan FXでは、狭いスプレッドと市場深度を確保するため、継続的に流動性をモニターしています。

また、効果的なテクノロジーとプロセスを利用することで、運用コストを低く抑え、マーケティングやボーナス支給等に莫大な予算をかけるのではなく、業界を牽引するプラットフォームを、低コストでお客様にご提供することに尽力しています。

つまり、ボーナスで顧客に還元するよりもスプレッドを抑えたりするなど、取引コストを抑え還元するという考え方を持っているためです。

ボーナスキャンペーンを実施しているところは、ボーナス分を取引コストに上乗せしているということです。

Titan FXでは顧客に対して下記の3つに予算をかけています。

①業界最狭のスプレッド水準

例えばTitan FXは、世界十数社の為替マーケットネットワークと、AAAクラスの大手銀行と手を組んでいる為、圧倒的に低いスプレッドを提供しています。

TitanFXのブレード口座(ECN)の取引手数料は1ロット往復7ドルと業界の中でもトップクラスの安さになります。

XMのECN口座の取引手数料が1ロット往復10ドルになりますので、そのコストの安さがわかりますよね。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを徹底解説!ブレード口座の手数料は?

2020年9月22日

②超高速約定

Titan FXのサーバーは、ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に設置されています。

Equinix社は、世界中の金融機関が使用しているデータセンターです。

そのため大きな指標発表があっても、ストレスなしで超高速約定していきます。

③NDD(ノーディーリングデスク)方式

TitanFXは、NDD(ノーディーリングデスク)方式を採用しています。

NDD方式は、FX会社が顧客の注文をダイレクトにインターバンクに流すため、ノミ行為のない透明性の高いトレードができます。

まとめ

TitanFX(タイタンFX)は、入金ボーナスや口座開設ボーナスのキャンペーンは実施していません。

ボーナスの代わりに顧客に還元するという姿勢を持っています。その積み重ねにより顧客満足97.8%という高さに表れています。

またTitanFXのブレード口座(ECN)は、業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ~)で取引することができます。

安全性が高くハイスペックな取引環境のため、Titan FXに乗り換えるトレーダーが急増しています。

ぜひ、あなたもTitanFXでトレードをしてみてはいかがですか。

\ 業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ〜)/

スポンサードリンク







海外FX会社おすすめ人気ランキング!

海外FX会社おすすめ人気ランキング!


海外FX会社ランキング

海外FX会社は本当にたくさんあり、どの会社を選択するかでトレードや利益も変わってきます。

それぞれの会社には独自の特徴があり、強みと弱みを把握して口座を開設しなければいけません。

今回ご紹介する海外FX会社は、様々な角度から検証してランキングにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 × one =